テーマ:採用ニュース

伊藤園が2011年卒採用をこれから40名!!!

業界に先駆けて動物実験を廃止したクリーンなイメージの伊藤園が この時期から2011卒向けの新卒採用を再開するそうです! 2011/01/26 日本経済新聞 朝刊 11ページ  伊藤園は25日、2011年4月入社の新卒者を追加募集すると発表した。 26日に募集を始め、営業職で40人程度を採用する。12年4月入社の採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人材サービス各社が障害者雇用の支援事業に相次ぎ参入する。

7月から障害者の法定雇用率(従業員の1・8%)を満たしていない場合の罰則の適用対象が中堅企業にも広がるが、障害者受け入れのノウハウ不足が指摘される。人材各社は障害者の雇用を創出する手法を指南し、法定雇用率の達成を支援する。  大証ヘラクレス上場の人材サービス会社、エスプールは水耕栽培農業による障害者雇用の仕組みづくりに乗り出した。8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネオキャリア、就職エージェント買収、売上高、業界トップ級に。

 新卒採用支援を手掛けるネオキャリア(東京・港、西沢亮一社長)は10日、新卒と第二新卒に特化した人材紹介を手掛ける就職エージェント(同・新宿、下薗博康社長)を買収すると発表した。月内に株主から全株式を取得し、完全子会社化する。買収によりネオキャリアの新卒紹介事業の売上高は年4億円前後と業界トップ級となる見込み。  就職エージェントは1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活「納得できるまで」、内定率は最低水準に、希望職種へ長期戦覚悟

11年春採用を目指す学生の就職活動が長期化している。6月時点で内定率は過去最低の水準。意中の企業から内定が取れず、いったん取った内定を辞退して就活を続ける学生も多い。6月以降は中堅・中小企業の採用試験や大企業の秋採用が始まるが、セカンドチャンスは多くない。学生の多くは夏休み返上を覚悟で 長期戦に挑もうとしている。  就職情報会社のデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

enは中堅・中小・ベンチャー企業に特化

2012年3月卒業予定の学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報2012』は中堅・中小・ベンチャー企業に特化という見出しが毎日新聞で発表されました。 2010年卒向けから2011年卒に向けて、掲載社数が半分ぐらいに落ちていたenは今年大きく舵を切りました。 生き残るには『選択して特化するするか、それとも大きくなるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナソニック採用1390人、海外比率最高の8割に

パナソニックは3月24日、2011年度に、国内外で1390人を採用すると発表した。海外事業を拡大するため、海外の採用数が全体に占める比率は過去最高の約8割まで高まる。 国内新卒者採用は前年度より210人少ない290人。内訳は、事務系60人、技術系2月30人で、1990~92年度の新卒採用数の1400人と比べると、2割強の水準だ。国内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再シューカツへ 大学・企業が就職浪人に支援の手

4月、大学の新4年生の就職活動(シューカツ)がはやヤマ場を迎える。一方で、内定をもらえないまま今春卒業した学生は5人に1人。そんな就職浪人の再シューカツを支援する動きが広がっている。企業情報などを伝えるサテライトオフィスを都心に開設する大学のほか、無料のビジネス研修を実施する人材派遣会社も登場。卒業生らは「今年こそ内定を」と懸命だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安定性の高い旅客・運輸関連企業に人気が集中

リクルートが7日に『就職ブランド調査2010』を発表した。2011年3月卒業予定の大学生、および大学院生を対象にした企業志望動向の調査だ。1位はJTBグループ、2位東海旅客鉄道、3位東日本旅客鉄道、4位日本郵政グループ、5位が全日本空輸。またオリエンタルランド(6位)、バンダイ(8位)も10位以内にランクインした。旅客・運輸関連企業では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more