求人倍率1.62倍は本当か!?

20090925(金)の朝刊にこんな記事が出ていました。

主要企業の来春新卒採用、内定者数34%減 日経調査
 2010年春の新卒採用の内定者数が今春入社の社員に比べ34%減ることが、日本経済新聞社が主要企業を対象に実施したアンケート調査で分かった。大手各社は企業業績の悪化と景気の先行き不透明感を理由に採用数を急速に絞り込んでいる。主要企業の91%が今月末までに内々定を出し終える見通しだが、10月1日に予定する内定式以降に採用を継続する企業も9%あった。

 アンケートは9月中旬に実施。製造業や流通、金融などの主要企業112社から回答を得た。10年春採用で内定を出す予定人数は計2万175人(比較可能な101社ベース)で、今春に比べ34%減った。東芝が40%減の590人、日本生命保険が37%減の1250人となるなど、景気悪化の影響が大きい電機や金融などで採用を絞り込む動きが目立った


2010年卒の新卒の求人倍率は1.62倍と発表されています。
求人総数は09卒の948,000人から725,300人へと23,5%減少しており、卒業生の数はそれ程変わらないので1,62倍という数字になっているのですが、上記の新聞記事からも内定者数は34%も減っているというデータが出ており、実際の倍率はもっと低いのではないかと思っています。

実際お客様先で担当者様の声を聞いていても
「20名採用の目標だったが、実際は10名しか採用しなかった」とか
「10名採用予定だったが、結局内定承諾を得たのは3名だけでした」
などなど、採用数を発表よりも絞り込んでいる企業様も多いようです。

ですので11採用の求人倍率は更に下がると予想しています。
超大手、日本生命保険ですら37%減ですから本当に日本全体で不況が続いている嫌な雰囲気ですね。
なんとか払拭していきたいものです。

余談ですが、全世界で保険会社から支払われている保険料のうち30%が日本人から回収したお金なんだそうです。
人口は全世界の2%にも関わらずです!

日本の保険料は世界に比べると非常に高いのだそうです。
加入者も非常に多いので、お国柄心配性な人が多いのでしょうね。
保険料の払い過ぎには気をつけましょう。

最後は採用と関係ない話になってしまいましたが、たまにはこういうのもいいですよね(笑)

-------------------------------------
キャリアマート/石井貴善

2分で分かるキャリアマート※音声が出ますのでご注意下さい

新卒採用コンサルティングサービスに関する情報詳細はこちら

採用コンサルティング事業部サービス一覧はこちら

合同説明会 合同企業説明会の活用方法はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社 転職サイト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック