合同企業説明会を活用して新卒採用!(理系ブースと文系ブースの違い)

合同会社説明会(※合説とも呼ばれます)に参加する学生の数が例年より増えています。

内定取り消し、企業の赤字のニュースが続く中、
学生の就職に対する危機感が強まり、
合同説明会に行き、少しでも早く情報収集しようという学生が増えています。

合同企業説明会合同就職説明会など呼び方は様々ですが、実際に行ってみると、まるでお祭りの屋台が並んでいるような熱気で、学生が来たいと思うような様々な工夫がされています。

【学生を呼び込む為の工夫例】
・3社以上のブースを回ったらお弁当をもらえる
・5社以上のブースを回ったら抽選で豪華商品をプレゼント(Wii、ipodなど)
・お笑い芸人による就職活動生への応援メッセージ(ラジオの収録のような雰囲気)
※自分が行った時はダブルボケでお馴染みの笑い飯が登場していました。
・就職活動相談コーナーの設置
・エントリーシート対策講座


不景気ですが、新卒採用は成功させたいと思っている人事担当者の皆様の中で、まだ一度も会場に行っていない人事の方は一度来場することをお勧めします。
今年の学生の雰囲気が伝わってきます。
年によって雰囲気が若干違うものです。
理系ブースと文系ブースの雰囲気の違いも見ていてなかなかおもしろいものです。

「うちは地方だから・・・」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
現在では名古屋地区、東北地区、四国地区など、地域に特化した合同説明会も各地で開催されておりますので、ご安心ください。

-------------------------------------
キャリアマート/石井貴善

2分で分かるキャリアマート※音声が出ますのでご注意下さい

合同企業説明会のご案内はこちら
新卒採用コンサルティングサービスのご案内
新卒採用アウトソーシングサービスのご案内

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック